中小企業なら施工管理で転職できそうですが、どうでしょう?

施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコト

施工管理を必要とする建設土木等の業界は完全なピラミッド構造。妥協して下位の下請けに転職するくらいなら、より高い資格の取得に専念したほうが。
施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコトのメイン画像
中小企業なら施工管理で転職できそうですが、どうでしょう?

施工管理を必要とする建設土木等の業界は完全なピラミッド構造。

妥協して下位の下請けに転職するくらいなら、より高い資格の取得に専念したほうが良いと忠告。

■中小規模の建設会社でも転職可能なら~。

たいへん失礼な言い方になるかも知れませんが、転職組がスムーズに次の就職先を確保できるのは中小企業が圧倒的で、売り手市場の現代とはいえ、大手施工会社やゼネコンにストレートで採用されるのは新卒者のみです。

その意味で中小の建設会社や施工会社に転職できる目処が立っているならたいしたものです。

■下層になるほど過酷な労働環境にある。

ただし建設・土木界の中小企業にもいろいろあります。

スーパーゼネコン、ゼネコン、サブコン~。

その下になると1次下請け、2次下請け、3次下請けなどピラミッド構造は、建設業界が好況になるほど段数を増しています。

末端になると家族経営の会社もあります。

当然ですが下位の会社になるほど年俸・給与、待遇面は悪くなり、上からの締め付けがきつくなります。

理想で言えば1次下請けに施工管理者として転職を果たし、そこからの出向でサブコンに行く。

いずれはサブコンに引き抜かれるような人材にスキルアップしておくことが望ましいです。

・参考までに…ゼネコン、サブコン、CM 東京五輪前に押さえておきたい「建設の常識」 (1/2)

■施工管理者の多くが建築土木業界に身を置いていますが、下請けになるほど事業収益が少なく、福利厚生にも恵まれません。

下請けの下位は、上からの圧力が強いので収益性に問題があり、キャッシュフローにも余裕がありません。

給料は少なく残業は過労死ラインを超えている例も多数あります。

転職を焦らず、より上級の資格取得に専念するほうがいい場合もあります。

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

随時更新していきますので、是非ご覧になってください。

メールはこちら