施工管理の転職で条件交渉に入ったとき、注意すべき点は?

施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコト

施工管理者としての条件交渉は引抜きか一般公募面接かなど立場によって大きな差が。それをわきまえポイントを整理して後悔のないようにとアドバイス。
施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコトのメイン画像
施工管理の転職で条件交渉に入ったとき、注意すべき点は?

施工管理者として転職する場合は、交渉の内容や強弱が立場によって違ってきます。

それをわきまえ、事前に内容を整理。

後悔のない交渉をしましょう。

■引き抜き、有資格者で変わる交渉環境。

転職時の条件交渉にはいくつかの側面があります。

給与や賞与などの収入面、残業時間を含む週休・有給などの福利厚生面、役職・役割などのポスト、その他、これだけはお願いしたいという特別条件です。

これらを有利にすすめられるかは、転職先企業と本人の立場によって異なります。

引抜きで転職なら本人が交渉カードを握っているので、淡々と話せば済むことです。

年収・給与、ポストなど、事前の条件に不足している箇所を改めて交渉しましょう。

■交渉の内容は欲張らずに3つまでに絞る。

引抜きでなく一般面接で施工管理の面接を受ける場合は、内容を2つか3つに絞ります。

給与や年俸が交渉テーマなら、採用情報などの平均年俸を参考にしましょう。

資格の有無で施工管理者としてのポストも決まるので相場を調べておきます。

年収は就職先への貢献度の大きさで決まります。

マッチングしていないのに転職者の願望だけを並べても成立しません。

■給与・年俸の他、残業日数・時間、週休日数なども大事な要素。

施工管理は基本的に残業の多い職業です。

工事現場は日程どおりに進めるのが前提。

アクシデントが起きたら、それを取り戻すために残業・土日出勤になるケースは多々あります。

仕事より休みが大事と受け取られない範囲で、希望があるなら交渉しておきましょう。

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

随時更新していきますので、是非ご覧になってください。

メールはこちら