施工管理は、資格があるのと無いのとで待遇に格差がある?

施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコト

施工管理は資格で決まる職業でありその有無で年収には100万円以上の開きがある。転職の面談では少なくても資格取得の意志があることを表明すべき。
施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコトのメイン画像
施工管理は、資格があるのと無いのとで待遇に格差がある?

施工管理という仕事にも多くのステップがあり個別の地位があります。

資格取得のハードルは高いですが、資格取得こそ施工管理者のやり甲斐です。

■施工管理は資格の有無で決まってしまう。

施工管理は資格によって仕事内容が異なる職業です。

資格がなくても施工管理の仕事には就けますが、当然、任される仕事や地位、年俸などには差が生まれます。

現在はまだ2級の資格しかもっていないという人は1級の施工管理資格を取得すべきですし、1級の資格を保有しているなら、監理技術者の専任資格まで取得しておくべきです。

■資格によって100万円以上の開きがある。

正社員で施工会社に転職する場合、求人情報などを参考にすれば分るとおり、年収面で1級と2級では100万円以上の開きがあります。

先にもお話ししましたが、1級の資格を保有している施工管理者には、専任技術者としての道が開かれていますし、主任技術者、監理技術者としての地位にも就けます。

人材難の折、会社としてもそのような可能性のある転職者には内定・採用を早期に下すはずです。

■高位の資格を所有していたり、その可能性が高い転職者だったりすれば年収面を優遇し、早期に採用される可能性が大です。

施工管理の業種は総じてハードであり、2級・1級、監理技術者などの有資格者は人材不足が常態化しています。

施工管理者として転職するなら、せめて資格取得の志があることをアピールしておきましょう。

会社として、「いまは単なる施工管理として採用しても、将来的に重要なポジションを任せられるのであれば」との判断に立てます。

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

随時更新していきますので、是非ご覧になってください。

メールはこちら