キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 施工管理者として有利に転職するにはどうしたらいい? : 施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコト

施工管理者として有利に転職するにはどうしたらいい?

施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコト

施工管理者として有利に転職するには、策を弄することではなく、自分の長所・短所、将来への目標を明快に表明できるよう整理しておくこと。
施工管理者への転職活動を始める前に!知っておきたいコトのメイン画像
施工管理者として有利に転職するにはどうしたらいい?

施工管理の転職者面談で決め手となるのは、策を弄することではなく、自分自身をきちんと整理し表明できるようにしておくこと。

その1点に尽きます。

■ストロングポイント&ウイークポイント。

転職活動を開始する前に、自分にはどんな強みがあり、同時にどんな弱みがあるのかを具体的に書き出してみましょう。

そして転職後の将来、自分はこんなことにチャレンジしたいということも考えておきます。

強み、弱み、将来の目標や挑戦意欲、この3点について整理し、面談の席で聞かれたら歯切れ良く明快に答えられるようにしておくことが、好印象をもたれる第一歩です。

・面接対策のご参考に⇒http://news.livedoor.com/article/detail/3390535/

■転職先の立場で自分を考えてみること。

会社がなぜ中途採用の面談に踏み切り、それなりの人間(転職者)を雇うかというと、本人がもっている強みと自社が探している補強能力とのマッチングを行なうためです。

施工管理の転職者にはそれまでの実績や経験があり、保有している資格もあるはず。

将来の希望やチャレンジ目標などもあるはずです。

会社はそれを期待し、自社の足りないところを補ってくれる人材を見つけたいのです。

■マイナスのポイント・弱みも、取り方によっては“自分のことを客観視できる人材”。

リーダーの資質ありと判定されます。

施工管理に関する資格を取得しているなら、それは明らかな強みに。

転職後に取得したいというなら、会社としても事業計画などのビジョンを立てやすくなります。

弱みの表明は損だと思うかも知れませんが、自分を客観視できる人は、状況判断にすぐれた人材と受け取られます。

有利不利を考える策ではなく、自分のことをきちんと整理しておくべきです。

PICK UP
SITE MENU
PROFILE

随時更新していきますので、是非ご覧になってください。

メールはこちら